気まぐれ★月☆占い

2月8日は満月なので、月占いを更新します☆
と、その前に。
今回は月を詠んだ一首について書きます。
熟田津に 船乗りせむと月待てば 潮もかないぬ 今は漕ぎいでな
万葉集の歌人、額田王が詠んだとされています。
日本で最も古い月の歌のうちの一首です。
意味は、
「熟田津にて、船出をしようと月を待っていると、月も出て、潮流も良い具合になった。今こそ漕ぎ出そう」
朝鮮半島に出兵する際に詠んだとのこと。
”熟田津”とは、現在の愛媛県松山市のどこからしいそうですが、はっきりと”ここ”と断定されていません。
この歌についてあらためて考えていて、思いついてしまいました!
学者の先生方の解釈はとりあえず置いておいて、私なりの超大胆解釈(?)、いってみます!!
この歌は、実際の船出の歌でも出兵の歌でもなく、
心の歌である。つまり、心境を表した歌である!!!
「熟田」というのは稲穂が実っている田のこと、
「津」というのは港だそうです。
詠まれたのは661年、旧暦の3月(一説には1月とも)で、この時期に稲穂は実りません。
そこで私は「これは心境を表した歌なのでは?」とピンときたのです。
気持ちが高ぶっていて、パワーに満ち溢れていて、
「周りのすべてが自分を後押ししてくれているような気がする!」
って感じる時ってあると思うのです。
田には豊かに稲穂が実り、
月明かりに照らされ、
潮流もいい感じ!
全てが私の味方だわ!
この時を待っていたのよ!
さあ、行くわよー!!GO[emoji:i-203]!!
――という心境。
額田王の心中では豊かな稲穂が実り、月明かりが煌々と照っていて、自分を後ししてくれるような潮の流れを感じていたのではないかと。
実際には月も見えない雨の夜に詠まれた歌なのかもしれない、なんて。
超勝手な私流解釈でした。失礼しました<(_ _)>
(もしかして、こんな解釈をしている方は私だけではないかも知れませんが)
でも、どんな時でも心の中に煌々と輝く月明かりを感じているのは素敵なことですね^^
さて、話を戻しまして、2月8日は満月です。
先日も書いたように、今回は「しし座の満月」です。
満月の時にはエネルギーが満ち溢れます。そう、前出の歌を詠んだ時の額田王のように(?)。
しし座の満月の時には高慢、または大胆になりやすいので抑え目を心がけましょう。
星座別占い、いきますね♪
牡羊座……やる気も出て、パワーあふれる時期です。勢いに任せて突っ走ってみてください!
おうし座……生命力が満ち、ゆったりと構えられる時期。まとめ役などをやるとうまくいきます。
ふたご座……人恋しくなってしまう時期です。一人の時間を楽しめるようにするといいです。
かに座……状況を変えたいのに、その方法がわからなくなってしまいそう。行き先を変えるより、行き方を変えてみましょう。合理的な判断が大切です。
しし座……今まで考えていたことに対して、投げやりになってしまいそう。考えることと行動のバランスが大切です。考えてばかりなのも、考えずに行動するのもタブーです。
おとめ座……行動力がUP!積極的に何かに挑戦して吉です。リーダー的な役をするのもいいです。
てんびん座……下手に動き回るのではなく、今まで培ってきたものを守りましょう。そして次のステップへの踏み出し方を、じっくり考える時期です。
さそり座……あれもこれも、いろいろなことに興味がわく時期です。羽目を外さないように楽しみましょう。
いて座……甘えや依存心が強くなってしまう時期です。安易な道に進もうとせず、自分を見つめなおし、正しい方向へ進みましょう。
やぎ座……感情的になりがちなので要注意。純粋な素直な気持ちで過ごすことを心がけると吉です。
みずがめ座……周りの人間関係に不信感を持ってしまいそう。理解者、協力者は身近ではなく、ちょっと離れたところにいるかもしれません。
うお座……現状から脱出して、次の一歩に歩みだす気持ちが強くなってきます。勇気を出して踏み出しましょう。
以上になります。
何かの参考になれば幸いです^^
次の更新は2月22日の新月あたりになります。
この日の新月はうお座の新月です。
新月の日は新しいことを始めたり、目標をたてるのに適しています。
うお座の新月の日には感情が豊かになるような目標を掲げてみましょう。
また満月から新月にかけては浄化の時期です。
身軽になっていくように過ごしていきましょう。
では、また^^